トップ > いつの間にか出来てしまうニキビ跡

いつの間にか出来てしまうニキビ跡

私はニキビが多いほうではないです。たまにできることはありますがそのまま放置したり、いつも通りに洗顔してれば治るってことが多いです。でもなかなか治らなくてニキビ跡ができて頬とかおでこらへんにぽつぽつとクレーターニキビが出現しました!! でこぼこしていて数か所ですけど気になるようになりました。周りの人にあまり見られたくないので髪の毛で隠してみたり化粧でカバーをしたり日々頑張っています。

でもなんでクレーターニキビになってしまうのかを調べてみました。そうしたらニキビがひどい炎症を起こしてそれを体が治そうとがんばって、その時に皮膚を作るために必要な真皮部分が傷つけられるため新しい皮膚ができずにニキビの跡はクレーター上になるそうです。あとは真皮の組織が複雑に破壊されると治りもむらができてでこぼこした憎らしいニキビ跡が残ってしっまうと勉強しました。

ニキビっていってもいろんな種類があることを学びました。でもニキビができると気になって触ってしまったりついついつぶしてしまったりこれが悪化の原因になっていることを知り後悔しました(@_@。このニキビを完全に治すためにはもうセルフケアだけでは難しいと調べてわかり悪化を防ぐように努力しようと思いました。ブラマヨの吉田さんのクレーターニキビはすごいですよね!あそこまでいったら病院に行って完全に治すように頑張ってしまうかもしれません。。。最悪は整形で皮膚をきれいにしてもらおうかとも思ってしまいます(笑)

でもまず最初にニキビができないように頑張ればいいのだと思いました。
睡眠をよくとり食生活もチョコレートや脂肪・カフェインと抑え、便秘とかストレスをためないようにしなければならないとわかりました。コーヒーが好きなので我慢が必要です(笑)でもそれでもできてしまった場合は、ニキビができた時点で早めの治療をします!!放置をしていても自然に治ることもないだろうし、専用の洗顔なりを使って治療していきたいと思います。あとは乾燥もニキビ肌にとって大敵を知り、私は乾燥肌なので水分補給をしっかりとして保湿を保っていきたいと思います。

今回ニキビについて勉強してニキビを馬鹿にしていたら将来的に自分自身が後悔してしまうことを重々感じました。
クレーターニキビができてしまったら治すまでに治療費はかなりいるし、そのままにしていたら女性なので周りにみられてるのも気になるし。まったくいいことはないとわかったので、ニキビができないような日常生活を送っていきたいと思いました。

クレーターのようになったニキビ跡の悩み

クレーターのようになったニキビ跡に悩んでいる方は多いですよね。
お化粧の時ファンデーションがうまく塗れなかったり、跡のせいで人とのコミュニケーションがうまく取れなかったりするケースもあります。

こんな厄介なクレーターにどのように対処したら良いのかご紹介したいと思います。
治療法を紹介する前に、クレーターができてしまう原因について書いていきたいと思います。
まずクレーターはニキビの傷跡である、ということをしっかりと理解して下さい。

ニキビには、皮脂が詰まった状態の白ニキビ、皮脂が酸化してしまった状態の黒ニキビと炎症を起こしてしまっている状態の赤ニキビの3種類があります。
この1番症状の重い赤ニキビえ炎症が皮膚の奥深くまで及んでいる時に、潰してしまったり、誤ったニキビケアをしてしまうとクレーターができてしまいます。 クレーターは自分で治すことはほぼ不可能です

なぜなら、クレーターは皮膚の内部の組織破壊してできてしまった傷跡だからです。
普通の傷跡は肌のターンオーバーでどんどん薄くなっていきますが、クレーターのようなニキビ跡にはこの影響を受けません。
ターンオーバーというのは皮膚の新陳代謝活動のことで、健康な皮膚は通常28日周期で新しい皮膚に生まれ変わります。 ピーリングしてコラーゲンを促進すると小さいものなら目立たなくなるかもしれません。

ピーリングとは化学薬品などを使って古い皮膚の表面を取り除き、新しい皮膚を形成させる美容方法のことです。
しかし、より綺麗に治したい場合には、レーザー治療などの大掛かりなものが必要になってきます。 一般にクレーターを治すためには、半年から1年かかると言われています。

そのため何度も通う必要があり値段もその分高くなります。 よく考えた上でこういった治療を受けることをオススメします。 ここからは具体的な治療方法を書いていきたいと思います。 軽度のものは上にも書いたように、ケミカルピーリングという方法で治療できます。

フルーツ酸などを用いて化学的に肌の表面を削る治療法です。 重症なものになると、少し大掛かりな治療方法になってきます。 フラクセルレーザーという治療方法があります。 いわゆるレーザー治療のことです。

レーザー光線を肌にあててその熱刺激で皮膚細胞の自己再生力を促す方法です。
そしていま注目を集めている治療方法がFGF治療というものです。 これは肌の凹んだ部分に繊維芽細胞因子(FGF)を注射して細胞を増殖させるという方法です。
これは永続的に効果が続き重症なクレーター跡に非常効果的な方法です。
効果が期待できる分高額になってしまいますが、試してみる価値はある方法です。 たくさんの治療方法がありますが、自分のクレーター跡に合った治療方法を見つけることが大切です。

 | トップ  | 次の記事