トップ > ニキビができたときは肌に負担の少ない化粧品を選ぶ

ニキビができたときは肌に負担の少ない化粧品を選ぶ

020.jpg


ニキビができてしまったら少しでも早く治したいと思うものです。

しかしニキビは薬を飲んでも治りにくいと言われています。。

それよりスキンケアが重要になってきます。

一番気をつけたいのは洗顔です。

洗顔料はニキビ用のものを使いましょう。

そうすることで顔の汚れをおとすだけではなくニキビの原因菌を取り除くことができます。

そして洗顔料をしっかりと泡立てて泡で顔を包み込むように洗います。

間違ってもこすりつけるように洗ってはいけません。

肌に負担をかけるとニキビも悪化します。

洗顔後はゆっくりと流し水で顔をすすぎます。

洗面器に水をためてすすぐ人がいますがそれでは一度流した汚れをまた顔につけていることになります。

洗顔が終わればすぐにニキビ用の化粧品を使いましょう。

ニキビの部分だけに使うのではなく顔全体に使います。

そうしないと他の部分にまたニキビができてしまう可能性があるからです。

そしてニキビが治ってもしばらくはニキビ用の化粧品を使うようにしてください。

肌の表面にあるニキビが治っても内面にまたニキビのもとが残っている可能性があるからです。

ニキビが治ったら今度は生活習慣を見直しましょう。

いくらよいニキビ用の化粧品を使ったとしても生活習慣が乱れていてはまたニキビができてしまいます。

ストレスをためずに睡眠をしっかりとりましょう。

できれば22時に寝るほうがお肌にはいいそうです。

睡眠不足は肌荒れの原因のなかで最も影響があります。

ニキビができていても、化粧しないといけない時

ニキビができている時って本当は化粧は良くないんです。なぜかと言うとニキビを化膿させてしまったり、治りが遅いといった原因になってしまうからなんです

でも、仕事上どうしても化粧しないといけなかったり友達と遊ぶのにスッピンはちょっと嫌だなって思ったりニキビを隠すためにと化粧は欠かせないですよね。

そんな時にオススメな化粧品はBBクリーム。

BBクリームが一つあればニキビができていても安心して化粧ができます。BBクリーム一つで下地やファンデーションといった全ての役割してくれるくらい便利な物です

いつもみたいに何層に塗る必要もなく、肌への負担は軽くなります。でも安心できるからといって厚塗りは禁物ですよ

厚塗りしてしまうといつも化粧してるのと変わりないですから

量は、さくらんぼ1個くらいの量のBBクリームを手に取り指で顔に塗ってパフでまんべんなく伸ばせば十分。ニキビと直接的に接触しているのはファンデーションなので、ニキビができてる時は必ずBBクリームで

後はアイシャドーとマスカラのみのナチュラルメイクで大丈夫だと思います。アイシャドーとマスカラに関してはどこのメーカーのでも大丈夫です

ただアイライナーはなるべく控えた方が良いでしょう。どうしてもと言う方は薄めに細く書くくらいで

ニキビができたおかげというか、いつもと違ったメイクでこういうメイクも自分には合うかもって発見できるチャンスでもあるんではないでしょうか。


前の記事  | トップ  | 次の記事